結婚相談 比較

結婚できない人が増えています。その原因の中で最も多いのが「相手と出会う機会がない」ということ。でも、その機会は自分で作ることも出来るはず。 そこで最近では自ら率先して相手を探す「結婚活動」略して「婚活」が盛んに行われています。身近な交友関係からもっと視野を広げることで新たな出会いが待ち受けているかもしれません。このサイトでは婚活の実情と主な結婚相談サービスに関する情報を公開しています。
結婚相談サービスは専用サイトでメールによるやり取りをメインにしたネット完結型とパーティーやイベント、条件にあった相手の紹介などをメインにしたサポート重視型があります。ネット完結型は料金が安く手軽さが売りになります。サポート重視型はきめ細かなサービスと豊富なイベントが売りになり、生活にゆとりのある相手を探しやすいという傾向があります。
O-net「オーネット」
 このサイトで詳細情報を見る
オーネット は楽天グループ運営の婚活サイトで業界最大級の会員数を誇ります。2011年7月1日現在ので会員数は34,732人です。(2011年7月1日現在。既に会費の支払いが終了した会員を含む。自己都合・交際等により一時的に活動を休止中の会員9,301名を含む。)
費用は入会金30,000円、活動初期費用79,800円、月額活動費13,650円です。成婚料は不要で交際・自己都合での休止中の活動費も不要です。
無料面談の際に希望条件にあった人数を確認することもできます。主なサービスは・・
136項目に及ぶ詳細なデータから合致した項目の多い順に紹介していくデータマッチング。
地域や希望条件に関係なく会員の情報がWeb版と紙面版で閲覧できる婚活情報誌イントロG。
プロのカメラマンによる写真撮影サービス、フォトジェニックサービス。
写真付きプロフィールを希望条件から自由に検索できるオーネットパス(支社設置の専用端末)
交際したい相手が見つかったらオーネットが本紹介書を相手に送ってくれます。
オーネットの結婚チャンステストは無料で自分を客観的に見た恋愛タイプ や性格の診断、 希望条件に合う相手数名のおおまかなプロフィールなどがわかるので、まずは試してみるといいでしょう。 しつこい勧誘などもなく気軽に受けられるので便利です。
ノッツェ
 このサイトで詳細情報を見る
ノッツェは(株)結婚情報センター運営の婚活サイトで、年間交際OK申し込み人数は平成19年データで約7万組。男女の比率は6:4前後です。
初期費用は登録料3万円プラス情報提供料男性9万円、女性6万円。会費は1年目は月に15,000円、2年目は下がり月に6,000円です。
ノッツェの「結婚ナビ」は相手のプロフィールと写真だけではなく動画での紹介もあるので実際の雰囲気がわかりやすいといったメリットがあります。パソコン・携帯電話を利用して、24時間どこでもリアルタイムに相手を選ぶことができ、月に10名までアドバイザーを介さない直接の申し込みとメッセージ交換が出来ます。(直接といっても会員専用アドレスを使えるので個人のアドレスを公開することなくやりとりできるので安心です。)
全国に支店があるので転勤等で移動する場合でも大丈夫です。
結婚情報センター主催のパーティーは少人数制で行うものから数百人が参加する大規模なパーティーまで全国各地で開催、自分の希望にあわせて選べます。フォーマルからカジュアル、スキー、ボーリング、ゴルフなど豊富なバリエーションが選べます。
身元確認に関しては専任アドバイザーとの面談を行い、個人の確認と審査を受けた人だけを登録しているので安心です。
相手との対面も基本的に会員同士で自由に会え、心配な場合アドバイザー立会いで相手と会うことも可能です。
個人情報保護のセキュリティーにも充分配慮されています。
パートナーエージェント
結婚情報 このサイトで詳細情報を見る
パートナーエージェントは自分の婚活スタイルに合わせ4つのコースから選択できるのが特徴です。
コンシェルジュコース
インタビューで詳細を聞き取り、双方の希望に合わせた相性の良い相手の紹介、また、コンタクトの調整や交際中の相談までも専任のコンシェルジュによるマンツーマンのフルサポートが受けられるというコースです。懇切丁寧な専任コンシェルジュがつきますので、なかなか自分から積極的に動けないという人には特にお勧めです。
登録費用31,500円、初期費用94,500円、
月会費は紹介人数にて変動。
2名までで23,100円 4名までで27,300円 8名までで31,500円
ダイレクトコース
コンシェルジュがインタビューを行い推薦メッセージを作成、会員専用ページ「マイページ」を利用して自分のペースで婚活できます。
登録費用31,500円、初期費用94,500円、
月会費は紹介人数にて変動。
3から5名までで12,600円 6から8名までで16,800円
イベントコース
パーティやイベントへの参加を中心に活動できるコースです。
登録費用31,500円、月会費6,300円
2名までで23,100円 4名までで27,300円 8名までで31,500円
エージェントコース
希望条件にあった相手との出会いを保証するコースで、コンタクト成立時のみ費用が発生、それまでに紹介料がかからないのが特徴です。
登録費用31,500円、初期費用94,500円、月会費無料
コンタクト費19,800円から29,800円
交際サポート費9,800円、成婚費19万8千円
ブライダルネット
お見合い・結婚ブライダルネット このサイトで詳細情報を見る
ブライダルネットは高品質・低価格のサービスを売りにしており、初期費用は入会金10,500円プラス会費で、会費は月会員コースなら月額3,150円、年会員コースであれば年額男性31,500円、女性21,000円となっています。
ただし、現在はキャンペーン中で期間中に年会員コースに入会すると入会金と年会費が半額になるという特典があります。
ブライダルネットのお相手紹介システム「HeartFits」は生年月日・曜日・血液型から診断し、相性が良い相手を紹介する仕組みになっているので、検索で相手をうまく絞込めないという場合にも便利です。
人気イベントのパーティーは毎月開催され、必ずといっていいほどカップルが誕生しています。
セキュリティー面もしっかりしており、万が一のトラブルの際にも気軽に相談出来る顧問弁護士がついているので安心です。
また、ブライダルネット ラウンジメンバーズでは現在、無料お相手紹介と無料カウンセリングを行っています。
ZWEI「ツヴァイ」
 このサイトで詳細情報を見る
ツヴァイはイオングループの企業で 2009年度5月現在 会員数:約3万8千人 男女比:49対51
会員同士の結婚、婚約、交際による退会(退会届出ベース):3,087人(2009年度年間実績)、 パーティ・イベント数:回数2,152回以上(2009年度実績)となっています。
初期費用は登録料3万円プラス活動サポート費用で、活動サポート費用はコースにより異なります。 サポート重視コース(紹介人数毎月6名以上)は138,600円。 出会い応援コース(紹介人数毎月3名以上)115,500円 月会費は運営費1,050円プラス情報提供料で、情報提供料は サポート重視コースが11,970円で、 出会い応援コースで7,980円です。
成婚料は不要。情報提供料は紹介翌月後払いなので仕事が忙しい、相手との交際中など休止期間中は不要です。
毎月、相性・適合性診断で双方マッチングの多い会員に、同時にパートナー紹介書を送付、相手に連絡を取る際にも24時間ツヴァイコンタクトシステムが受けてくれます。
様々なパーティ・イベントを開催、共通の趣味やスポーツを通して出会いのチャンスをつくる企画がたくさんあります。
会報誌「Duologue Magazine Duo」では会員のプロフィールとメッセージを掲載。「出会いの広場」があります。
マリッジカウンセラーが相手選びから最初の出会いまでサポート。
ツヴァイからの送付物は全て社名の入っていない封筒で送られるので家族に内緒で入会したいという場合でも大丈夫です。
オルタナ
結婚情報 このサイトで詳細情報を見る
月会員コース入会金10,500円、月会費3,150円
年会員コース入会金10,500円、年会費18,900円
成婚料は不要です。
alterna(オルタナ)はセゾンカードの(株)クレディセゾンが運営していることもありセゾンカード会員限定なので身元確認やセキュリティ面での安心感が魅力です。
専用サイトでの検索して相手を探すというスタイルのほかにお見合いパーティーを利用するという方法もあります。
お見合いパーティーではオルタナのイベントスタッフが、エスコートしてくれます。 パーティーにはサイト上に開催案内がアップされたら予約するという形になります。

さて今日は今なにかと話題の婚活についてインタビューしてみたいと思います。
そもそも婚活って何ですか?

婚活というのは結婚相手を探すための活動のことです。 就職するときの就職活動を就活っていうでしょう。

相手を探すための活動なんですね。
でも、結婚相手を探すためにわざわざ婚活するということに抵抗がある人もいるのではないでしょうか?
普通の恋愛結婚のように自然に出会ったほうが運命の相手のような気もしますし。

人が普通に生活していて出会う人の数って限られています。
普通ならなかなか出会うことの出来ないまったく違う環境の人と話をする機会ってあまりないですよね。なのに身近な人の中から相手を選ぶだけというのはちょっともったいないような気がします。
婚活サイトなら全国からさまざまな境遇の人が集まりますのでそういった中にいる人が、実は理想の相手だったということも多々あります。 いまや格差婚だってめずらしい話ではないですし。
それに気になる相手とメールなどで会話しながらどんな人か知っていくこともできますし、そういった時はやっぱりドキドキします。
実際に会う日が決まるとドキドキワクワクがピークに達します。
普通の恋愛ですよ。自分から探しにいってるだけです。向こうから連絡来ることもありますし。

そういえば、そうですね。
では、婚活サイトって出会い系サイトみたいなものですか?

ごっちゃにする人がいますが違います。 いっしょに遊ぶための彼氏や彼女を作りたいという人が利用しているサイトが出会い系サイト(それだけじゃない目的の人もいるようですが・・)
真剣に結婚を前提に考えている人が利用しているのが婚活サイトです。だから婚活サイトでは各種証明書を提出済みの素性がはっきりした相手だけです。

なるほど。
一緒に遊ぶ相手を探しているか、生涯のパートナーを探しているのかということですね。

そう、だからちゃんとした婚活サイトは普通入会金などがかかります。

え?お金かかるんですか?


そうです。
理由はいくつかあるんですが、まずサイト運営や提供サービスにお金がかかるというのがあります。
大事な個人情報を預るわけですから、個人情報の管理もしっかりやらなくてはなりません。
無料のサイトに登録して変な迷惑メールが次々に送られて来た事ってないですか?

あ、確かに。
それでメルアド変える羽目になったことありますよ。

そう、全部がそうというわけではないんですがメールを送るためのメールアドレスの収集を目的にして無料にしているところもあるんですよ。
無料のほうが簡単に人が集まりますからね。 で、集めたメールアドレスに勧誘メールとかを送ります。
中にはひどいのになると集めたメールアドレスを別の業者に販売している所とかもあります。 すると、購入した業者がまた勧誘メールを送ると。

こわいですね・・


あと、有料にしていることで冷やかしの人を防ぐこともできます。
世の中いろんなひとがいます。
真剣に結婚相手を探してるひとばかりではなく冷やかしや遊び目的など違う目的のひとが混ざってしまう場合もあります。
でも、そういったひとはわざわざお金を払うくらいなら無料のサービスを利用しますよね。

はあ~。何でもかんでも無料のほうがいいってわけじゃないんですね。

料金が高ければいいというわけではありませんが、高額であればちゃんとその料金を払える生活水準の人が相手として選べるという考え方もありますよ。

あ、そうですね。
そこ重要かもしれません。
でも、婚活サイトって実際たくさんありますよね?
どういったところがいいんですか?

まずは人が多いこと。
単純に多いほうが良い相手を見つける確率が高くなりますよね。
そして、信頼性が高く個人情報の管理を徹底していること。
本人確認は必須
確認もなしに入会できるというのは逆に不安ですからね。
そして困ったときや疑問があるとサポートがすぐ対応してくれる。
やはりしっかりした所が人気があります。

そしてより多くの場の提供があること。
いろんなパーティーやイベントなど参加すると楽しいですよ。
毎回ワクワクドキドキでいっぱいです。

なんかだんだん利用してみたくなってきました。 というわけでそろそろインタビューを終わりにします。
ありがとうございました。